牛肉お勧め情報サービス

牛肉お勧め情報サービス

ステーキ、すき焼き、しゃぶしゃぶ、ローストビーフ、焼肉などいろいろな種類の牛肉料理があり、定期的な食事やパーティー、お祝いなどでよく食べます。
最近は通販で注文する人も多く、黒毛和種などの高級牛肉や超値引き商品が手軽に購入できることから人気が高まっています。

 

そこで今回は、おすすめの注文牛肉をご紹介します!
選び方もご紹介しますので、参考にしてください。 贈り物としても、自分へのご褒美としても最適です。

 

絞り込み検索リセット

 

通信販売で推奨される牛肉の選び方

多くの種類の牛肉がバックオーダー通販で販売されています。
ここでは、値段や内容だけでなく、ポイントも中心に、美味しい牛肉の選び方をご紹介します。

 

シーンに合わせてグレードをお選びください

牛肉を購入する場合、主に2つのタイプがあります。
自分で購入する場合とギフトとして購入する場合です。
牛肉を使うシーンに合わせて、お肉のグレードを選べることは間違いありません。

 

贈り物や記念日にはブランド牛

 

贈り物に使う牛肉なら、やはりブランド銘柄の牛肉が人気で、贈ると喜ばれるでしょう。
松阪牛・神戸ビーフ・米沢牛・但馬牛・宮崎牛・飛騨牛・佐賀牛・近江牛など、日本各地の地名がついた牛肉がブランド牛肉として知られています。

 

 

ブランド名がついていない場合は、日本食肉格付協会が格付けしたランクも参考になりますよ。
肉質等級はA5からA1まであり、脂肪交雑・肉の光沢・肉の締まり及びきめ・脂肪の光沢と質の4項目で決定されます。
A5やA4ランクなら、品質の高い牛肉だと判断する目安にすることができますね。

 

普段頑張っている自分へのご褒美として、誕生日や結婚記念日など、いつもよりも贅沢するために高級な牛肉を購入する人も多くいます。
牛肉が好きな人へのお中元やお歳暮、お祝いの贈り物などに高級牛肉を選べば、喜ばれること間違いなしですよ!

 

たっぷり食べたいなら、リーズナブルな大容量パックは◎

 

家庭用の味と量に関しては、大容量のパックを選ぶとお得になります。
スーパーではなかなか手に入らない大容量パックをリーズナブルな価格で手に入れることができます。
重量が1kgを超えるものもあれば、5kgもあるものもあり、玄関先まで良好な状態で持ち込めるというメリットがあります。

 

アメリカ産牛肉やオーストラリア産牛肉などの輸入牛肉に加えて、国産牛肉の切り身が意外な値段で売られているかもしれません。
また、日常使いの牛肉をまとめて購入することをお勧めします。

 

その部分に固執しましょう

 

牛肉の味と値段は部品によって異なります。
注文する牛肉を選ぶときは、肉のどの部分かを必ず確認してください。

 

ロースやバラのほか、高価なレアパーツとして知られるシャトーブリアン、ステーキによく使われるフィレ、サーロインランプ、ハラミ、リブ、ざぶとん、かいのみ、みすじなどもあります。
グリルされた肉。 部分によって脂肪の量や肉の食感に大きな違いがあります。
また、すき焼きのリブローストやしゃぶしゃぶの肩ロースなど、食べ方によってパーツを変えることをお勧めします。

 

調理のしやすさを考慮してください
牛肉を選ぶとき、それをどのように調理するかも重要なチェックポイントです。

 

お皿に合った大きさや形にカットしたものをお選びください

 

調理のしやすさを考えれば、自分の料理に合った形にカットした牛肉を選ぶことをお勧めします。ローストビーフに適したブロックタイプ、ステーキになりやすい厚切りタイプ、焼き肉に使いやすいカットタイプ、薄切り肉など、さまざまなカット方法があります。すき焼きとしゃぶしゃぶを作ります。

 

肉の大きな塊を適切なサイズに切るのは難しいので、それを選ぶときは、あなたが作っている料理に合うように切るようにしてください。

 

味付けをすれば、調理や洗濯の手間が省けます。

 

注文する牛肉には、そのままの牛肉と味付け済みの牛肉の2種類があります。パーティーや野外での焼き肉やバーベキューに使用する場合は、味付けした牛肉を選ぶことをお勧めします。前日の調理の手間が省け、持ち運んで焼くだけなので、洗いやすいです。

 

店によってはタレにこだわった牛肉セットも多いので、いつもとは違う味付けの焼肉を楽しみたい方にもオススメです。

page top